スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • 2013.10.22 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ありがとうごめんねまだ大好きだよ欲しいまんまでもうドアは閉まるんだ

    あややや書くことねーや
    レポはスタッフブログでセトリ出てからにしますね
    曲名が聞き取れなかった上に順番があやふやや


    とゆーことで書くことがないよ
    ない日は書かなくていいかなー

    といいつつ書くんだけどね














    最近の鬱な原因の1つ
    絵画の授業
    しかし結構些細な1つ
    主な原因はPsalm関係だわwww


    自分の描きたいものとは全然違うやり方で描けば褒められる
    いい点がもらえる

    小綺麗にまとめようとしてるって言われても
    ぶち破るあと1歩がほしいんだけどねぇって言われても
    それが自分のやりたくない方法でもつき進める意味はあるんでしょうか

    いや1回経験としてやってみるのはありだと思うし
    その描き方だって自分が描きたいものをより良くする糧にはなると思うよ

    でもやっぱり違うなって思ったら
    自分のやりたいもんで描きたい

    世界が定まってないからって
    この世界観は違うって気付いたあとまでその世界に縛られたくない

    早く世界が欲しい
    色彩的な世界観はもうできてきてるから
    タッチの問題
    自分が欲しい世界観で進められるような洗練がしたいのに
    別のタッチでいかなきゃだめだって言われる
    次の作品も卒制もそのタッチでいかなきゃいけないのかな




















    どうしたもんですかいね
    こんなん 青いですかいね
    子供みたいなこと言ってますかいね
    レベル低いこと言ってますかいね
    そっちには進まないって決めたんだからもう制作者として悩むのはお門違いですかいね













    今日趣味の絵描いててほんと楽しかったんだわ

    やっぱ 絵 描きたいんだわ

    それを 見て欲しいんだわ

    それを 認めて欲しいんだわ
























    僕にとって花を咲かすまでの歌詞の「あなた」は
    「夢」なんだわな

























    もう別の道に進むことを決めてその為の準備もしてて雲の上の夢が身近な未来になるような光だって見えててその道に進むことは諦めじゃなくちゃんと次の夢と言えるくらいやりたいと求めている道なのにまだ僕は今までの道の上で描いたいつかの自分を忘れられないままでいるんだ自分の展覧会で誇らしげに自分を語る僕やぐちゃぐちゃに散らかった自分のアトリエで頭抱えて悩みに悩みながら模索しながら自分を吐き出そうと筆を動かす自分やそうやってできた一枚の絵でかつて自分が動かされたように誰かを動かすことができる喜びや自分の絵に何十万何百万と価値がついてそれに誇れる自分がそこにいるんだ今だって思うよ僕にはきっと僕にはきっと僕にはきっと

    僕にはきっと






























    だから
    嫌なんだ

    真っすぐに向かう
    夢の為に誰かが泣いてる
    0

      てすと?え、何?聞こえない…あ、そっか!! ストってゆったのね(・∀・)

      やっぱり無理だったかぁ〜



      雨いややね
      やっぱり嫌いだわ



      世界を静かに そっと押さえこんで
      雨音響く 傘の中には 僕ひとりだけ


















      あーあ
      逢いたかったなー







      …ってPsalmさんも思ってくれてるんでしょうかねぇ(・∀・)ドキドキニヤニヤ
















      テストは
      あれでした(どれだ)



      美術史はとれました
      つか愛しの大野(;´д`)ゲロゲロと淀井さんって会話しねーのか
      むしろあえてなのか

      前に構成論で「自分で展覧会をやるならどんなのにしたいか」を簡単にやったんですよね
      したら美術史テストで出ちゃった

      「自分で展覧会を企画するならどのような展覧会にしたいか。タイトル、取り扱う芸術家やテーマ、展覧会のコンセプトについて自由に述べよ」



      初琉はルネサンスの宗教画が好きで
      受胎告知とピエタと聖母子が主題として描かれてる作品がとくに好きなので
      愛しの大野(;´д`)ゲロゲロ(←重要)はそこらへん好きそうだし思う存分語らせていただきました♪

      とくにダヴィンチの作品は敬愛です
      「受胎告知」とか
      「聖アンナと聖母子」とか
      人体解剖図とかね
      「岩窟の聖母」
      ヴェロッキオの「キリストの洗礼」の天使とか








      あああ誰かとそこらへん語りてぇぇええ

      Hamaさんキリスト教ならわかるかな
      賛美歌とかならだけど絵画の方はあれかな


      テスト範囲はバロックとか印象派だったんだけどルネサンス語れてよかったわーハート







      あれ、なんか芸術学科らしい日記だっΣ(・∀・)






















      え?音楽論?
      えぇ〜もぉ!!やっだぁハートあたしそんな授業初めっからとってないよぉ??(*´∀`)
      何寝ぼけちゃってるのよぉ(≧∀≦)キャハ☆




      バッハって誰ですか
      ネウマ譜とか
      「声楽優位から器楽優位への変遷および音楽の絶対化について述べよ」
      え、日本語って難しいwww






















      とりあえずいっぱい書いたのを考慮してくれてはっしーがものすごい優しかったら単位とれるかな☆




















      あとちょっとでいろいろ終わるけど
      なんかパソコン壊れてインターネット使えないってヒューマニズムのレポートどうしろっていうのよ



      あ、そうか死ねと??(*´∀`)
      とりあえずあしたは引きこもりかな★
      あしたリベンジしてくんないかなぁスト



      おやすみなさーい(≧∀≦)
      0

        母校

        母校の卒業制作展に行ってまいりました

        うちらの代から使わせてもらってるギャラリーがあるんだけど
        懐かしいなー間違えて関係者側の階段から帰っちゃったよ

        恩師にも逢えたし
        可愛い可愛い後輩には髪切ったぁああって驚かれたし
        そっかぁ髪切ってからは1回も逢ってなかったんだぁ〜(´・ω・`)


        あー
        レベルは 高かったです
        作品1コ1コね

        イベントはどーせART LiVE系かと思ってたからいい意味で裏切ってくれて嬉しかった
        2番目のがちょっとあれ??って感じだったけど
        あれはやる前にコンセプトをあそこまで説明したなら
        もっとそれを感じられるファッションショーにしてほしかった
        変化が少なくて最後は飽きたなー
        表現ってかっこつけるだけじゃないじゃんね



        個人的には1番のがよかったなー
        服と曲と表現がちゃんと合ってた
        変化もあった
        Yは自信ついていい表情するようになったなー



        映像系は正直うちらの代の方が好き
        全部見たわけではなかったけどね
        しかもあたし専門じゃないからあれだけど

        油はよかったなーみんな
        2年のレベル高い






        初琉も去年ここにいたんだー









        はーぁ。




        表現の限界を決めるのは
        自分にとっての周りの認識と
        その中での自分の能力の認識だ



        もっと 私はできるよ
        描けるよ
        私の世界を納得させられる説得力のある絵


        抽象画でない限りさ
        りんごを描いたときにさ
        りんごだって説明しなきゃいけないのはもうりんごを描いてはいないんだよ
        説明が必要な絵は絵画じゃないよ
        挿絵なだけだ

        私の世界は
        こういう世界だって
        説明不要のさ
        絵が 描けるよ







        この子たちの先輩だよ
        前までこの子達と同じ世界にいたんだよ


        やれよ
        できるから

















        うっしゃぁああああっっ
        0


          calendar

          S M T W T F S
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          2627282930  
          << November 2017 >>
                   

          Psalm ピアノうた Track1

          Psalm ピアノうた Track2

          Psalm ピアノうた Track3

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          Links

          Profile

          search this site.

          sponsored links

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          みんなのブログポータル JUGEM