スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • 2013.10.22 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2013.03.12

    昨日、更新すべきなんだろうけど
    昨日はいちんち、ちゃんと考える日にして
    考えたことを今日きちんと書こうと思います。


    昨日書こうとして途中だったものを今見ても
    なんかちょっと違うなって思うくらいまだまとまらないので
    今日もまとまるかわからんねぇ











    昨日、寝る前に
    彼氏とあの日の話をしました。
    付き合う前の話で、詳しく聞いてはいなかったから
    どうかな、と思ったけど
    向こうがお酒が入ってたのもあって割と詳しく話してくれました。

    言ってた通り、事細かに覚えてるもんなんだねぇ

    私も、あの日の話をしました。
    思いがけず、泣いてしまったけど。





    はまソロ行って
    自分は動くのが遅かったと言ったことがとても印象的だった。
    私にとっては、あの時
    行ってきたと初めて言われたときに

    早すぎると
    無事に帰ってきたから無事に報告ができるだけで
    行って怪我でもしたらどうするんだと
    思う反面
    あぁ、行ってくれた
    あの人達はやっぱり
    ちゃんと行ってくれたと
    ヒーローみつめるような
    兄ちゃんがウルトラマンの被災地慰問で東北行ったときに
    あぁ、やっぱりウルトラマンは行ってくれたんだって思った気持ちと近い思いで
    それを受け止めた。

    早かったんだ私の中では
    あの人たちの行動は。

    近場のイベントが次々に中止になってく中で
    無理して来なくていいからライブはやると行ってくれたことが
    どれだけ心強かったか

    そんな中で被災地に行ってきたと報告があったことが
    どれだけ誇らしかったか








    それでも、遅かったんだね。
    はまの中では
    はまの、お父様の中では。











    まだ私の中では
    うまい言葉がみつからないあの日を
    ここでさえ、そんななんだから
    東北の人はどれだけ言葉が出ないんだろうと思うんです。

    それか私が、
    逆に、逆にね、半端な距離での被災者だから言葉がみつからないのかも知れない。

    停電あったりさぁ
    わからないいろいろな情報に呑み込まれてさぁ



















    あぁ、
    そうね私にとってあの震災は。
    情報が怖いと感じたものでした。

    近くでも起きる余震とか
    津波の映像だとか
    見るたびに増えていく死者、行方不明者の数だとか

    自分は真ん中にいないのに
    どんどん更新されていく情報に負けそうになったり
    映画を見てるような客観的な気持ちも混ざっていたり
    真ん中から少し外れたところで
    言い方が悪いかな、ちゃんと、被災していたんだと
    だから涙が出たのだと改めて思います。

    だから、終わってない。
    まだまだ、終わってないとどこか遠くで聞こえてくるTVの声が
    伝わらないのにすとんと胸に落ちるんだ。















    終わってない。
    幸せなことに近い知り合いが亡くなったとか怪我をしたとかそんなことがひとつもなかった私でさえ
    終わってない。
    少しも。














    最も訓練された国で起きた
    最も悲惨な強大な震災は

    終わってない。

















    だからこそ
    思うんだろう、隣のあなたが生きて私のそばにいて。
    下らないことで笑い悩み
    それが代えがたいものだと。

    終わってないからこそ。
























    私ごときが
    亡くなった人のご冥福を祈り、
    亡くした人の傷が癒えるのを祈るのは途方もないことのような気がするのですが


    やはり
    行方不明者が早く、みつかること。
    亡くなっている方が、あるべき場所に帰れることだけは。
    祈らずにはいられないのです。

    何にしてもそれからだろう。





















    あー、
    まとまらなくなってまいりました。
    賛否両論あれどどちらも大歓迎です。
    これは私が出した答えではないので
    単なる経過なので
    阿呆なことも陳腐なことも、はたまた極悪非道なことも知らず口をついていると思います。

    傷がついた方がいらしたら
    それは本当に申し訳ない。
    初琉の駄文戯れ言など忘れていただいてかまいません。
    ごめちょ。















    本当なら、そこに今もいただろう人に馳せる想いを
    間違いかのように「前」を向けと言うならば
    その「前」はどこにも向いてない。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.10.22 Tuesday
        • -
        • 23:38
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
        コメントする








           

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
                 

        Psalm ピアノうた Track1

        Psalm ピアノうた Track2

        Psalm ピアノうた Track3

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        Links

        Profile

        search this site.

        sponsored links

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM